DIYを趣味とする父の影響で、ずっとDIYをしたかったんです。今の目標は、飼っている4匹の猫のために、大きな”アスレチックネコタワー”を作ってみたいです。女性でも簡単にできるDIYの普及と電動工具の魅力を伝えていきますね。

準ミスキャン東洋

こしみず かおり
小清水 香織 さん

プロフィール

ネジ締め① ネジの種類

まずはDIY作業の第一歩ともいうべきネジ締めに“初挑戦”。

私たちがめざすオリジナル作品の製作には、絶対欠かせない作業だそうです。

では最初は、基本中の基本ですが“ネジの種類”を吉沢先生に教えていただきました。

「ネジといってもいろいろと、あるんですね。私はプラスとマイナスしか知りませんでした(薮田)」

某有名海外家具屋さんで売られている、最近の組み立て家具には“ポジドライブ”という一見プラスのネジに見えてしまうネジ山のついたネジ等が使われていることがあるそうです。

「ネジって色々な種類があると聞いてはいましたが、こんなに種類があるとは驚きです(小清水)」

このネジ山にあった正しいドライバーを使わないと、ネジが締まらなかったりネジ山を傷めてしまうということなんですね。

それに合ったハンドドライバーがあるんですよね。

「母と一緒に家具を組み立てるときに使ったのはプラス、マイナスのハンドドライバーだけでした。他の種類を見たのは初めてです(時田)」

それでは、プラスの木ネジの手締めにトライ。単に“締めるだけ”と思っていたら… まず、真っ直ぐに、なかなか入らない。それに、すごく力がいるんですね。

「みなさんも、実際に“ネジの手締め”にチャレンジしてみると、わかります… 本当にコツと力が必要だということが(時田)」